fc2ブログ

両受け害悪サポート型ドククラゲ 考察

こんばんは、マーボ丼です。インターネット大会・ポケモンジャパンチャンピオンシップス2019予選のエントリーが今日から始まりました。無論、僕も参加します。今回はメガシンカ、ウルトラネクロZ持ちOKなので戦術の幅が広い広い。
おっと、本題に戻りましょう。インターネット大会は一部を除いて、基本的にダブルバトル。元々、シングル勢だった僕もサンムーン時代は戦績が伸び悩んだものの、ウルトラサンムーンにて急激なパワーアップを得ました。
ここで今回、色テテフ&色ブルルを求めて僕と戦ったあるポケモンを紹介したいと思います。

ドククラゲ1
ドククラゲです。ドククラゲのテンタキルです。
トランスフォーマー超人マスターフォースに出てくるシーコンズの噛ませ犬のイカです。こいつはイカじゃないけど(笑)
今回の伝説2体までOKのルールってカイオーガが多かったじゃないですか?それに伝説って特殊アタッカーが多いじゃないですか?そこで僕は考えました。ドククラゲはDが高い、水と氷と草とフェアリーに強い、能力ダウン技を多く覚えることからダブルバトルに超向いてるんです。
ただ、ランドやガオガエンで威嚇を撒いて殴ってるだけでは勝てないダブルバトル。そして、陰で暗躍するドククラゲの勇姿を紹介していきたいと思います。

ドククラゲ2
特性・ヘドロえき、持ち物はくろいヘドロ。
努力値はHに252全振り、Bに212、Cに16、Dに20振りました。ドククラゲでDが一番高いんですが、Bが低いとは言えH(グロスと一緒)もそこそこあって熱湯を覚えるので、なかなかの硬さです。
このドククラゲの長所は害悪だけでなく、チームでの連携で真の強さを発揮します。今までの伝説2体までOKの大会で僕はレシラムとゼルネアスを使用してましたが、2体共、特殊攻撃を主体としているのでドククラゲのアシストが光ります。アシッドボムでDを下げまくってレシラムorゼルネアスの技の威力を底上げして、凍える風でSを下げてレシラムorゼルネアスに先手のチャンスを与える等、小回りが利かせています。低めの物理耐久も熱湯の火傷とガオガエンの威嚇である程度ケア出来ます。
特性のヘドロえきですいとる系の技にも強く、宿り木の種の搭載率が高いテッカグヤをけん制できるのは大きいです。半減+軽いからヘビーボンバーは痛くないし、毒タイプだからどくどく無効なのもメリット。
技構成は熱湯、守る、アシッドボム、凍える風。熱湯は火傷で物理アタッカーの火力を削いだり、いざと言う時のメインウエポン。ドザイドン程度の水4倍+D低い相手なら落とせます。守るはダブルでは欠かせない技。挑発を防いだり、くろいヘドロでの回復ソースの機会を増やします。アシッドボムは嫌がらせ技part1、相手のDを2段階下げるのでこちらの特殊アタッカーのサポートは勿論、特殊受けのDを削ぎまくって脆くするにも便利。凍える風は嫌がらせ技part2。相手のSを下げまくって、こちらのエースアタッカーに先手のチャンスを与えます。ドククラゲ自身も遅くないので、相手によっては先手を取って行動回数を増やすことができます。
欠点はやはり、弱点が電気、地面、エスパーとマイナーなものが多くダブルバトルには、うじゃうじゃいます。技の威力がいずれも100を超えてないので、自分だけの攻撃では決定力が欠けるところ。
戦況に合わせてどう行動させるかが勝負のカギとなるポケモンになります。

・おまけ
ぷらみお1
ドククラゲはけいおん!の澪とは、縁が深いです。
理由はpixivでどうぞ。
それでは次回もお楽しみに。ではでは。

ポケットモンスター ウルトラサン - 3DS

新品価格
¥4,249から
(2019/4/4 21:53時点)


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する