マーボ丼の独り言日誌MK-2

オリジナルLBXをスクラッチして更新していくダンボール戦機ファンブログ。アイマス、ポケモン、その他のジャンルも色々更新。

宙に舞う黒き死神、ワーリアーエース・グレイブ!

こんばんは、マーボ丼です。
何故か最近、大学時代の時より今の方が就活頑張ってるとよく言われています(汗)そりゃまぁ、学生時代は卒業までと言うタイムリミットがあったので多少の危機感はありましたが、今は期限がないので気が楽と言えば楽ですね。
それにリクナビ、DODA、エンジャパンと元は転職が主流でしたので、辞めてからがスタートだとポジティブに考えるといいかも知れませんね。自己満足かも知れませんが(笑)
それはさておき、グランダムをアップしてからかなり経ちましたが、お待たせしました。LBXワーリアーエース・グレイブをレビューです。画像があまりに少なかったので、追加しておきました。

グレイブ17
アミティ・マーキュリー「切り刻んじゃいなァっ、ワーリアーエース・グレイブ!!」
グレイブ13
アミティ「アッハハハァ~ンッ♡」
~基本設定~
ワンオフ機とも互角に渡り合える性能を誇るワーリアーエースの一体。エリート戦闘員の一人、アミティ・マーキュリーの専用機として開発された。頭部以外の上半身に変化はないが、脚部が細く先が尖ったものとなっている。通常のワーリアーより軽量化されたことにより、スピードが各段に上がっていて、機動性もワーリアーエースの中で最も上位に立っている。脚部には小さくて見えないが、小さな空気口があり、これを利用した飛行形態にも変形せずに飛行することが可能で飛行中の機動力はステルス機程の機動力を誇る。細身に似合わず、パワー出力はワーリアーエース・ナイト、グランダムよりは劣るものの、バスターを一層かつワンオフ機をブレイクオーバーに追い詰められる程の攻撃力を持つ。基本装備は片手持ちが可能な鎌「クレセントスラッシャー」。(俺設定)
遂に来ましたワーリアーエースの3体目ワーリアーエース・グレイブ。当初は設計ミスで足の取り付けが不可能と言う理由で更新を見送っていましたが、修正が完了しましたのでアップする上で画像も追加しておきました。
それでは、グレイブの詳しい解説を行いたいと思います。

グレイブ2
正面。全体的にスリム。
ワーリアーからの差し替え箇所は頭部と足のみ。前回のグランダムよりかは少なめですが、それだけで個別感を出せています。

グレイブ3
グレイブ4
左右。
長い足が特徴的ですが、ぶらつきが見立ちます。この画像は修正前の奴ですので、足がしっかり差し込めない状態となっています(現在は修正済)。

グレイブ5
後ろ姿。
後ろ姿は割とセクシー・・・ではないか(笑)

グレイブ6
ヘッドUP。ノーマルワーリアー程ではありませんが、なかなかのグロテスクフェイス。
頭部はナイト、グランダムと同じく、パテとジャンクパーツのみで作った完全新規。
フェイスはクリアーパーツにしたかったのですが、技術力の無さに断念・・・。
代わりにフェイスをガンダムクリアブルーを塗って、その上に貼りつけたシールの周りをガンダムメタリックレッドで塗って、それっぽく再現してみました。

グレイブ7
なかなかの細顔。
落とした時に耳の部分が折れないか心配ですな(汗)

グレイブ8
特徴的な足は、ガウンタ・イゼルファーのブースターパーツにパテを盛って成形。
この仕組みはワービットの時と同じ工程ですが、ワービットの時の様にメンタムを塗って、硬化させなかったせいで取り付けができなくなっていた様です。
ガウンタ・イゼルファーのパーツは使用頻度が多いです。イゼルファー最高っ!

グレイブ9
基本装備は手鎌「クレセントスラッシャー」
別のスクラッチの目的で買っておいたコトブキヤM.G.Sのサーベル/ハンマーの斬撃パーツが鎌に見えたので、グレイブの装備にチョイス。

グレイブ1
色々とポーズを決めたり・・・
設定が空中戦が得意とのことですので、地上だといまいちポーズが決まりませんね。

グレイブ10
そんなわけでスタンドを使用しました。
これでグレイブの華麗な空中戦も再現可能。
ストライダー系のLBXはスタンドを使うのは鉄則でしたな(笑)

グレイブ11
飛行状態を再現。
スタンドのおかげでカッコいい飛行状態を再現できます。

グレイブ12
こちらに突進でもするかの様なポーズにしてみたり。
細身なのに、マッ〇ブーンみたいなポーズになっちゃいました(笑)

グレイブ14
スタンドに取り付けた状態でクレセントスラッシャーを装備させました。
これはもう、しっかり死神感が出せていますね。

グレイブ15
グレイブ16
この様に宙を浮いた状態もスタンドがあれば、再現できます。
ただ、地に足を着けるのが大変なのは変わりなし。

グレイブ18
グレイブ19
ジャンプ攻撃もばっちり。
ただ鎌系武器だけあって、両手持ちの方が良かったかもです。

以上、ワーリアーエース・グレイブでした。ノーマル、ナイト、グランダムとは違い、スタンドがなければポージングが制限されると言うデメリットはありますが、個別感を出すにはちょうどいいのではと思っています。
これでワーリアー+ワーリアーエース各3機のレビューは完了しましたが、ご安心を。次のスクラッチはもう決まっています。
それは・・・

設計図8
LBXトライダイナソー改め、LBXトライザウラーをスクラッチします!
設計図自体は変化はありませんが、名前をトライダイナソーからトライザウラーに改名しました。トライダイナソーだと若干長い様な気がして、ダイナソーよりザウラーと付けた方が強そうだと思い改名致しました。
それともう一つ朗報。
ワーリアーエースはまだまだ登場します!設計図こそは完成しておらず、どの様な形にするかは決めていませんが、他にも水中戦特化の機体もスクラッチしていく予定です。
リクエストも随時対応してますので、気軽にコメントしちゃってくださいっ!
それでは次回もお楽しみに。ではでは。

1/1 ダンボール戦機W (ダブル) LBX 040 バスター

新品価格
¥301から
(2017/9/8 01:07時点)


スポンサーサイト

プラモデル全般 | コメント:0 |
<<グリマス、ミリシタ 雪歩カード | ホーム | ハンチョウ新刊>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |