マーボ丼の独り言日誌MK-2

オリジナルLBXをスクラッチして更新していくダンボール戦機ファンブログ。アイマス、ポケモン、その他のジャンルも色々更新。

ハンチョウ新刊

こんばんは、マーボ丼です。転活前は酒を飲まないことにしてるので、飲まない日が続いています。まぁ、健康面を考えると良いことだと思います。前の職場の健康診断が届いて、飲み過ぎと診断されました・・・(汗)
まぁ、ストレス溜まってましたからね、前の職場は。
おっと、本題が逸れるところでした。さて、皆さん。今日はお待ちかね・・・

班長9
一日外出録ハンチョウ2巻の発売日ですっ!
この漫画はカイジ本編にする班長こと大槻(細目のたらこ唇のおっさん)が一日外出券を利用して、穴場のグルメスポットで食って食って食いまくる飯テロ漫画です。
こちらの班長は、カイジ本編でのやらしいネチネチした本性を鳴りに潜めて、ユニークなキャラとして活躍しています。
表紙も1巻では班長一人でしたが、2巻では側近の石和(ガタイの良い男)沼川(髭の男)も写っています。

班長10
表紙のステーキ。
美味そう・・・
ハンチョウを読むと心もお腹も満たされます(笑)

班長11
班長特性カレー。
兵藤会長の誕生日に振舞われるカレーを気に入らず、とある目的の為に山で自身で作ったカレー。温玉を乗せて、サイコロステーキが入って、1日寝かしたカレーは最高ですな~。
でも、細菌にはご注意を。マーボ丼のカレーは寝かす際は冷蔵庫に入れております。

班長12
班長特性ネギたっぷりつみれ鍋。
スタート地点で冷えて風邪を引いてしまった班長がデイリーマンションの一室で作った鍋。ショウガとネギがたっぷり入ってて身体によさそうです。画像にはありませんが最後に〆に卵おじやを食べてました。
これから寒くなるので、鍋が美味しくなる季節ですね。

班長13
食べ物ではないけど、ラムネ。
石和と沼川の3人と海の家で飲んだラムネ。これって、遊びまくって汗かいた後に飲むとサイコー何ですよねぇ!中学3年の時に友達とプールで遊んだ帰りによく飲みました。銭湯に行って風呂上りにも飲んでましたね。
以前の記事で中学時代は嫌いと書いてましたが、中3だけは楽しかったです。

班長14
隠れ家的なパン屋で買ったアップルパイ。
中に肉々しいリンゴと濃厚なカスタードクリームが入った贅沢な一品。しかも、オーブンの中心で焼かれた奴だけを買ってるんですよ。
班長、拘るのはいいけど、お店の人や他のお客さんのこと考えなよ・・・(笑)

班長15
班長が初めて行った小料理屋・みゆきで小田切と食べたぶり大根。
と言っても、頼んで食べていたのは小田切の方で班長は小田切の映画事業を乗っ取る計画で声をかけた際に発言しただけです。
因みに班長がみゆきに行った話は、中間管理録トネガワ2巻の特別編で描かれています。

ハンチョウはトネガワとは違い、自由気ままに食事を楽しむストーリーですので、利根川先生の様に不幸な目に基本的に合うことはありませんが、

今回、ばっかしはそうではない様です・・・(笑)

班長16
せっかく、外出日に風邪を引く(後に全快)。

班長17
側近の石和のマイペースさに振り回される。
この石和と言う男、カイジ本編ではカイジ達が食事を取れない様に嫌がらせをした(しかも、それが原因でビールぶっかけ事件の発端となり、カイジ達がいじめられるきっかけとなる)以外は目立った活躍はしていませんが、ハンチョウでは仕事は雑自分勝手な行動が多いと良く言えば自由奔放、悪く言えばいい加減な男。

美希
同じマイペースでも美希ちゃんとは違いますね。
・・・女の子はいいよなぁ、可愛かったら何やっても許されて。石和みたいなおっさんだと、非難は避けられませんからね(笑)

班長18
母の味のカレーを再現するつもりが、ヨーグルトをミスって全部ぶち込む。

班長19
自分の中の牛、豚、鶏の邪心に支配される(後に撃破)。

班長20
オヤジ狩りに遭う(任期満了の木村さんに助けられ事なきを得た)。

そして、極め付きは・・・

班長21
交通事故。
・・・とは言え、左足が車にぶつけられて痛めただけ。不死身だな、班長。そりゃ、あんないつ倒れてもおかしくない危険だらけの地下強制労働施設で働いてきただけ身体は頑丈ですな(笑)

〇おまけ
砂肝
ローソンで数量限定ででか焼き鳥に砂肝(塩)が発売されてましたので、即座に購入。
僕がコメントするより、班長に任せてもらいましょう。
"クククッ、この塩味の強めでコリコリした食感・・・!"
"それを身近なローソンで食える何て惜しい・・・っ!!"


以上、ハンチョウ新刊でした。トネガワから読み始めましたが、萩原先生の漫画は面白いですね。カイジ本編と見比べても利根川も班長もどちらもよく再現されてますので、違和感なく楽しめます。しかし、利根川先生も班長も今後のことを考えると悲しくなりますね。利根川先生も班長もカイジと対峙するわけですので、本編での最期は避けられない。利根川先生は築き上げた全てを水の泡にされ、班長は楽しみを奪われ・・・。そう考えるとカイジもつくづく罪作りですな。
それでは次回もお楽しみに。ではでは。

1日外出録ハンチョウ(2) (ヤングマガジンコミックス)


スポンサーサイト

コミックス | コメント:0 |
<<宙に舞う黒き死神、ワーリアーエース・グレイブ! | ホーム | 気長にシアターデイズプレイをプレイ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |