fc2ブログ

『ミトム/サンダーは使うな。コイツを使え』スカーフスナノケガワ 育成

こんにちは、マーボ丼です。3連休最終日です、特にこれと言った予定はありませんでした。
嫌な天気が続きやがったのですよね~、あーあ、秋って嫌い~。
それはそうと、ポケモンの育成が滞っていたので、投稿していきたいと思います。





スナノケガワ1
スナノケガワのラートラータです。
レアコイルの古代の姿です。育成記事初のパラドックスポケモンとなります。
名前の由来はビーストウォーズネオのブレントロンのラートラータから来てますが、モチーフは完全に不一致かつ仮面ライダーオーズのとあるコンボとは一切、関係ありません(笑)
ホーム解禁前、電気枠だったタイカイデンだと数値的にキツく感じたので、フォロワーさんからホゲータと交換で譲っていただきました。パラドックス解禁後のランクマは勿論、現在も特殊スカーフアタッカーとして活躍してくれています。


・基本情報
性格:ひかえめ
持ち物:こだわりスカーフ
テラスタイプ:氷
個体値:A抜け5V
努力値振り:H=116、C=252、S=142



スナノケガワ2
*画像では139ですが、正しくは138です。
Sを139に止めて、スカーフを巻くことで実数値209となり、最速ハバタクカミ(205)とテツノツツミ(206)を抜いて上から叩くことができます。Sブーストとスカーフは知らん。
Sを削った分、控えめでCに全振りして火力を維持できるし、耐久に回すことができます。スナノケガワ自体、元から耐久が高いのでH振りだけで、火力アップアイテム無しの連撃ウーラオスの2段階アクジェをギリギリ耐えてくれます(耐えた時は驚きました)。ボルチェンでサイクル戦、10万ボルトと大地の力で最大火力、テラスタイプは氷にして、カイリュー、ガブ、ランド等の氷4倍にぶつけると言った起用で小回りの利いた戦いを得意としています。特性は無視してますが、相手の晴れを利用すれば、Cが上がるので、高火力を期待できます。元々、サイクル向けのポケモン故に特性を生かしづらく感じたので、スカーフ運用にしています。
弱点が水、草、氷、地面の4つのメジャーなもので、環境上位に多いし、じしんを入れている物理アタッカーも多いので、注意しないいけないし、スカーフを持たせている以上、先制は取れても撃ち分けができないので、交代で後続に負担をかけかねないし、最後の1体になった時に致命的な隙を晒してしまいますので、初手で出して暴れて、最後にとどめを刺していく戦法が主流になります。得意不得意がはっきりしているので、使いこなせると協力なポケモンです。

パラドックスポケモンはいずれも、個性があって頼もしいので、積極的に使っていきたいですね。
それでは次回もお楽しみ。ではでは。

【ピカチュウ抽選キャンペーン応募用紙付き】ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,363から
(2023/10/9 16:42時点)


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する