fc2ブログ

もしも、メ○ロットのひよこ売りが別のアニメの世界に居たら? 聚楽大編

閲覧注意<マーボ丼による歪んだ偏見による妄想ですので、悪しからず。>

・名探偵コナン1089話の場合PART2

レストラン『聚楽大』の裏口

聚楽大「・・・」

コナン『特製って言っても、所詮お子様ランチはお子様ランチだよ』

聚楽大「くそ・・・くそ・・・チキショーっ!!」ガコッ

段ボールを蹴り飛ばす

聚楽大「あの思い上がりの小僧め、許さねぇ・・・!」

ひよこ売り「・・・スランプの様だねぇ」

聚楽大「はぁ?あんた誰だよ、いきなり?」

ひよこ売り「人生、常に成功が続くなんてありはしない。突然、やってくる失敗にも立ち向かえる姿勢が大事ってもんさ」

聚楽大「・・・失敗なんかしてない。1人の小僧に特製お子様ランチをバカにされたんだ」

ひよこ売り「おいおい、いい歳したおっさんがいち子供の意見にいちいち反応する必要はねぇだろ?出世しないよ?」

聚楽大「・・・あの特製お子様ランチはなぁ、俺の誇りなんだよ。俺が天才料理人と言う肩書きを持てたのもっ!5つ星を貰い続けれたのもっ!世界中に有名になれたのもっ!全部、全部全部っ!あの特製お子様ランチのおかげ何だよっ!!・・・なのに、あの眼鏡の小僧、そうとも知らずに俺の特製お子様ランチをバカにしやがった!それ以降、俺のプライドはズタボロさ。料理にビミョーに影響が出て味もビミョーに落ちちまったし、店の人気もビミョーに落ちて店を畳まなきゃいけない状況さ。全部、あのガキのせいで・・・!!」

ひよこ売り「・・・ちなみにビミョーってのは、具体的にどんな感じなんだい?」

聚楽大「えっ?」

ひよこ売り「味が落ちて、お客さんからクレーム入れられたとか、美食家に怒られたとか、色々あるだろう?ビミョーって曖昧な言葉で片付けられても伝わってこないぜ?」

聚楽大「そりゃ・・・その・・・何というか・・・そう!俺が満足行く味が作れなくなっちまったんだよ!特製お子様ランチをバカにされたショックを抑えられないんだっ!俺はあの思い上がったお子様を許さない!」

ひよこ売り「・・・ふーん。じゃあ、あんた自己満足の為に料理人になったのかい?最低だな、料理人のくせにお客より自分のプライドを優先するなんてさぁ。天才料理人じゃなくて、自己満料理人の間違えじゃないのかい?あはははははははははっ!(笑)」

聚楽大「はぁ?・・・ふ、ふざけるなっ!!(怒)」

聚楽大「・・・そんなことはない。俺は料理を作るのが好きさ、子供が好きさ。子供だけじゃない、大人も俺の料理を食べて喜んでくれる姿を見るのが大好きさ。だから、料理人になったんだっ!自己満足の為になったんじゃないっ!」

ひよこ売り「・・・だったら、お客さんを裏切る様な真似すんなよ、思い上がりのおっさん!」

聚楽大「はぁ?・・・思い上がりだと?思い上がりだと、この俺が!?」

ひよこ売り「あぁ、あんたは思い上がりさ。その眼鏡の坊主よりもな」

聚楽大「なん・・・だと?」

ひよこ売り「得意なものを否定されて腹が立つのは分かる。自分の人格を否定される様なもんだからな。だけど、この世の全員が共感してくれるなんてことはねーし、あんたがそれに同調を求める権利もねぇ。その眼鏡の坊主の様にあんたのお子様ランチを軽々しく見ている奴もいるかも知れねー。だったらどうしたらいい?あんたの料理を楽しみに食べてくれるお客さん達のことをだけを考えたらいいのさ。いいかい?料理人が一番に大事にしなきゃいけないものは、プライドでも、星の数でも、料理そのものではなく、お客さんの笑顔さ。」

聚楽大「・・・お客さんの笑顔?」

ひよこ売り「あんたは忘れてたんだよ。天才料理人と言う肩書きに酔いしれ、自分の実力に自惚れて、特製お子様ランチにすがって、賞賛されることが当たり前だと思い上がった結果、批判を受け入れられなくなっちまったのさ。」

聚楽大「・・・そうだった、思い出した。俺は自分の料理を食べてくれたお客さんの笑顔を見るのが大好きだったんだ。何で、何で今まで忘れたんだろう・・・」ポロポロ

ひよこ売り「誰だって天狗になる時はあるさ、壁にぶつかって道に行き詰まった時は初心にかえればいい。そしたら案外、うまくいくもんだぜ?」

聚楽大「・・・よっしゃっ、こうしちゃ居られねぇ!俺の料理で客を笑顔にする為にも、あの小僧が旨すぎて謝りたくなるくらいのパワーアップした特製お子様ランチを作ってやるぜぇ!腕がなるぞぉぉぉっ!!」トコトコ

ひよこ売り「・・・あーあ、ひよこじゃなくて、卵のまま持って来るんだったなー」

数日後・・・

コナン「・・・特製お子様ランチ、うめぇな。少し量は多いけどな

歩美「うん、美味しいね!特にプリンが美味しい」

元太「ボリューム満点だぜ、いくらでも食べられるぜっ!」

光彦「それって、元太君だけじゃないんですか?」

4人「あはははははははははっ!!」

聚楽大「ふふふ・・・(そうだ、この笑顔が俺の心の支えなんだ!)」

ひよこ売り「・・・さーて、そろそろ、元の世界に戻ろうかな?」
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する