fc2ブログ

物理受けウインディ 考察

こんにちわ、マーボ丼です。
ジャンクパーツを眺めていると、新たなスクラッチのアイデアが浮かんできました。決まり次第、報告記事にアップします。
昨日に続き、ポケモン考察をしていきたいと思います。
今回はXYから湧き出てきたにっく~い物理アタッカーに対しての強い味方です!

ウイン1
ウインディです。ウインディの「レジェンド」です。

ネーミングはほぼ適当です。前は唯一王や唯一神をもじって「ゆいいつてい」と付けたり考えてました(笑)
技構成から見て分かりますが、物理受けウインディです。
ウインディは恵まれた種族値と技範囲からアタッカーが無難何ですが、特性・威嚇、朝の陽ざしがあるのでゴツゴツメットを持たせて、物理受けにして見ました。
そんなゴツメウインディを考察していきます。

以下、詳しい紹介。

ウイン2
図太いHBぶっぱ。特性・威嚇。持ち物・ゴツゴツメット。
努力値振りはHBに全振り、Dに6振りました。威嚇+鬼火で硬い物理耐久を誇ります。鬼火が聞かない相手でも強気に出られます。特殊耐久は不安が残りますが、H全振り+バークアウトでCを下げれるので、問題ありません。
耐久は威嚇無しでスカーフガブの地震をギリギリ耐えれる様に調整。ゲンシグラードンのだんがいのつるぎも余裕で耐えれます。単炎なのでメガリザY、アロー、ガモスみたいに岩4倍じゃないので、安定感は抜群です。しかも、ゲンシグラードン相手だと強い日差しになるので、朝の陽ざしの回復も増えます。
技構成は鬼火、朝の陽ざし、火炎放射、バークアウトです。威嚇でAを1段階下げてから鬼火で攻撃力を落とす。特殊アタッカーにはバークアウトでCを下げる。火炎放射はハッサム、ナットレイ以外には気休め程度の威力と思って下さい。一応、CはV何ですが、物理受けなので、火力は期待できません。威嚇+鬼火で相手の攻撃力をそぎ落として、物理攻撃を受けてゴツゴツメットでダメージを与える。体力が減ったら、朝の陽ざしで回復。火炎放射でダメージを削って、じわじわと相手を戦闘不能に追い詰める・・・
少々、汚い気もしますが、これがポケモンです。フルアタばかりだと、不意打ちに弱かったり、いざ相手から攻撃を受けると居座り続けるのは厳しいですから、こういう時に受けポケモンがいると助かります。

以上、物理受けウインディの考察でした。ウインディは今まで、無難にフレドラ主力の物理アタッカー、オバヒメインの特殊アタッカーと使ってきましたが、どちらも使いこなせませんでした。でも、この物理受けなら安定して使えるなって実感しました。皆さんも物理受けウインディ使ってみては?
次回もお楽しみに。ではでは。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する