fc2ブログ

タクシードライバーをバカにしたクソリーマンの末路。

閲覧注意<マーボ丼による歪んだ偏見による妄想ですので、悪しからず。>

(俺の名前はウザイナ。マーボ商事に勤めるエリート社員だ。)

ウザイナ「へい、タクシー」

(商社マンの俺の移動手段はもっぱらタクシーだ)

ブロロロ・・・(移動中)

ウザイナ「運転手さんよ~、早くしてくんない?」

運ちゃん「はぁ、すみません。混んじゃってますね・・・」

ウザイナ「チッ、俺とお前じゃ時間の価値が違うんだよ」

(商談に遅れたら、先方に顔向けできないし、俺の会社からの評価に響く。故に俺はイライラしていた)

運ちゃん「着きましたー」

メーター:2000円

ウザイナ「はぁ!?てめぇ、水増ししただろ!?(怒)」

運ちゃん「いやいや、偶然ですよ?偶然!」

ウザイナ「ネットに晒してやるからな!この底辺!」

バタンッ

ウザイナ「ったく、余計な金払わせやがって・・・」

(俺は運転手の顔と名前の写真を撮って、捨て台詞を吐いてタクシーを後にして、商談へ向かった。帰宅後、撮った写真をYで拡散してやった。)

次の日・・・

ピンポーン

ウザイナ「あーん?誰だよ、こんな朝早くに・・・。はーい、すぐ出まーす」

ガチャ

ポリスマン「警察です。ウザイナさんで間違えないですね?」

ウザイナ「は、はぁ、そうですが。何ですか?仕事もあるので急いで欲しいんすけど?」

ポリスマン「昨日、あなたはタクシーに乗られましたね。タクシー会社から名誉毀損及び肖像権侵害及び威力業務妨害の罪で告訴を受けております!」

ウザイナ「はぁ!?何で俺が悪者になんなきゃなんねーんだよ?大体、あの運転手はメーター水増ししやがったんだぞ?詐欺じゃねーかよ!」

ポリスマン「それはあなたの言いがかりですよね?システムを確認させて貰いましたが、メーターは正確に作動されてましたし、特に不正は見られませんでした。それどころか、ドライブレコーダーにあなたが運転手さんに暴言を吐いている音声と無許可で運転手さんの個人情報を撮影している映像がしっかり残されています。それにね、あなたに悪態を付けられ、暴言を吐かれ、盗撮された運転手さんは心に深い傷を負っているんです。・・・あんたは許されないことをしたんだよ」

ウザイナ「う、嘘だろ・・・。ち、違うんだ、悪気はなかったんだ、カッとなって、つい、それで・・・」オロオロ

ポリスマン「はいはい、言い訳は署の方でじ~っくり聞いてあげますから、さっさとパトカーに乗りましょうね~」

ウザイナ「そ、そんな~・・・」

(その後、俺は名誉毀損と肖像権侵害と威力業務妨害の3つの罪で逮捕された。幸い、初犯と言うこともあり罰金刑だけで免れた。しかし、会社には懲戒解雇はされなかったものの、依願退職と言う名の事実上のクビを言い渡された。それから、俺はエリート街道から人生のどん底に叩き落とされた。罰金を完済した後も、タクシー業界のブラックリストに載せられたのか、俺を乗せてくれるタクシーは一台もなかった。賢くなり過ぎた俺は自分をエリートだと決め込んで思い上がった結果、破滅してしまった・・・)

どんなに偉くなっても、常に相手に優しい心と丁寧な言動を忘れずに。
スポンサーサイト



『ギャグコント』アニメキャラ母親の会

閲覧注意<マーボ丼による歪んだ偏見による妄想ですので、悪しからず。>
磯野フネ「アニメキャラのお母さんと言えば、私よね?」

さくらすみれ「まぁ、そうよね」

工藤有希子「間違い無いわね」

フネ「後は・・・バカボンのママとか、月野育子さん、あたしンちのお母さん、如月千種さんとか、他にもいるけど・・・」

すみれ「その辺が王道よね」

野原みさえ「・・・」

フネ、すみれ、有希子「「「「あんたはダメよ」」」

みさえ「何でよ?私、何も悪いことしてないじゃない!?」

有希子「しまくりよ。あんた、子供に手ぇあげすぎよ!」

みさえ「まぁ、ギャグマンガだからね」

フネ「しんのすけ君の分のご飯だけ作らないとか頭おかしいんじゃないのかい?」

みさえ「あれは、私もやり過ぎたと思った」

星野アイ「よくも幼気なしんちゃんを殴ってくれたわね!」

みさえ「あんた、いたのかい」

すみれ「何が『好きで嫌われ役やってない』よ!暴力こそ正義みたいなツラすんじゃないよ!」

みさえ「酷い言われようじゃん。・・・しょうがないでしょ!原作者が勝手にこういうキャラ付け設定で私を描いたんだから、別に私は悪くない」

フネ「黙らっしゃいっ!」

フネ「あんたみたいなイカにも『血の気が多い若い母親』が居たら、あたしらの様なBBA世代が虐待して育てたとか、心無い誹謗中傷を受けるんだよ!!!」

すみれ、有希子「「そーよそーよ!!!」」

みさえ「いや、有希子さんは若いだろがい」

アイ「あんたのせいで、どれだけのアニメキャラのお母さん達が涙を流したことか・・・!!このクソBBAっ!!!(怒)」

???「あのー、母親キャラの会ってここで合ってたかしら?」

アイ「はい?あー、あの、すみません。今取り込み中でして・・・ってあなたは誰ですか?アニメで観たことないんですけど・・・」

まふゆママ「アニメではありませんが・・・初めまして、朝比奈まふゆのお母さんです」

フネ、すみれ、有希子、アイ「「「「ふぁっ!!?」」」」

まふゆママ「まふゆを観ませんでしたか?こんなところに居たら、まふゆがおかしくなるので連れ戻しに来ました」

アイ「違う・・・、こんな奴、母親なんかじゃないっ!この・・・毒親っ!!!(怒)」

みさえ「あんたこそ、母親失格なんじゃないの?ねぇ、まふゆちゃんママぁ・・・っ?(怒)」

すみれ「やっぱ、少しでも虐待臭い行動を取る母親キャラって、ダメだと思うのよね」

フネ「激しく共感」

有希子「・・・ところで、何で『あなた』居るんですか?」

野比玉子「・・・わからない」

完。

もしも、メ○ロットのひよこ売りが別のアニメの世界に居たら? 聚楽大編

閲覧注意<マーボ丼による歪んだ偏見による妄想ですので、悪しからず。>

・名探偵コナン1089話の場合PART2

レストラン『聚楽大』の裏口

聚楽大「・・・」

コナン『特製って言っても、所詮お子様ランチはお子様ランチだよ』

聚楽大「くそ・・・くそ・・・チキショーっ!!」ガコッ

段ボールを蹴り飛ばす

聚楽大「あの思い上がりの小僧め、許さねぇ・・・!」

ひよこ売り「・・・スランプの様だねぇ」

聚楽大「はぁ?あんた誰だよ、いきなり?」

ひよこ売り「人生、常に成功が続くなんてありはしない。突然、やってくる失敗にも立ち向かえる姿勢が大事ってもんさ」

聚楽大「・・・失敗なんかしてない。1人の小僧に特製お子様ランチをバカにされたんだ」

ひよこ売り「おいおい、いい歳したおっさんがいち子供の意見にいちいち反応する必要はねぇだろ?出世しないよ?」

聚楽大「・・・あの特製お子様ランチはなぁ、俺の誇りなんだよ。俺が天才料理人と言う肩書きを持てたのもっ!5つ星を貰い続けれたのもっ!世界中に有名になれたのもっ!全部、全部全部っ!あの特製お子様ランチのおかげ何だよっ!!・・・なのに、あの眼鏡の小僧、そうとも知らずに俺の特製お子様ランチをバカにしやがった!それ以降、俺のプライドはズタボロさ。料理にビミョーに影響が出て味もビミョーに落ちちまったし、店の人気もビミョーに落ちて店を畳まなきゃいけない状況さ。全部、あのガキのせいで・・・!!」

ひよこ売り「・・・ちなみにビミョーってのは、具体的にどんな感じなんだい?」

聚楽大「えっ?」

ひよこ売り「味が落ちて、お客さんからクレーム入れられたとか、美食家に怒られたとか、色々あるだろう?ビミョーって曖昧な言葉で片付けられても伝わってこないぜ?」

聚楽大「そりゃ・・・その・・・何というか・・・そう!俺が満足行く味が作れなくなっちまったんだよ!特製お子様ランチをバカにされたショックを抑えられないんだっ!俺はあの思い上がったお子様を許さない!」

ひよこ売り「・・・ふーん。じゃあ、あんた自己満足の為に料理人になったのかい?最低だな、料理人のくせにお客より自分のプライドを優先するなんてさぁ。天才料理人じゃなくて、自己満料理人の間違えじゃないのかい?あはははははははははっ!(笑)」

聚楽大「はぁ?・・・ふ、ふざけるなっ!!(怒)」

聚楽大「・・・そんなことはない。俺は料理を作るのが好きさ、子供が好きさ。子供だけじゃない、大人も俺の料理を食べて喜んでくれる姿を見るのが大好きさ。だから、料理人になったんだっ!自己満足の為になったんじゃないっ!」

ひよこ売り「・・・だったら、お客さんを裏切る様な真似すんなよ、思い上がりのおっさん!」

聚楽大「はぁ?・・・思い上がりだと?思い上がりだと、この俺が!?」

ひよこ売り「あぁ、あんたは思い上がりさ。その眼鏡の坊主よりもな」

聚楽大「なん・・・だと?」

ひよこ売り「得意なものを否定されて腹が立つのは分かる。自分の人格を否定される様なもんだからな。だけど、この世の全員が共感してくれるなんてことはねーし、あんたがそれに同調を求める権利もねぇ。その眼鏡の坊主の様にあんたのお子様ランチを軽々しく見ている奴もいるかも知れねー。だったらどうしたらいい?あんたの料理を楽しみに食べてくれるお客さん達のことをだけを考えたらいいのさ。いいかい?料理人が一番に大事にしなきゃいけないものは、プライドでも、星の数でも、料理そのものではなく、お客さんの笑顔さ。」

聚楽大「・・・お客さんの笑顔?」

ひよこ売り「あんたは忘れてたんだよ。天才料理人と言う肩書きに酔いしれ、自分の実力に自惚れて、特製お子様ランチにすがって、賞賛されることが当たり前だと思い上がった結果、批判を受け入れられなくなっちまったのさ。」

聚楽大「・・・そうだった、思い出した。俺は自分の料理を食べてくれたお客さんの笑顔を見るのが大好きだったんだ。何で、何で今まで忘れたんだろう・・・」ポロポロ

ひよこ売り「誰だって天狗になる時はあるさ、壁にぶつかって道に行き詰まった時は初心にかえればいい。そしたら案外、うまくいくもんだぜ?」

聚楽大「・・・よっしゃっ、こうしちゃ居られねぇ!俺の料理で客を笑顔にする為にも、あの小僧が旨すぎて謝りたくなるくらいのパワーアップした特製お子様ランチを作ってやるぜぇ!腕がなるぞぉぉぉっ!!」トコトコ

ひよこ売り「・・・あーあ、ひよこじゃなくて、卵のまま持って来るんだったなー」

数日後・・・

コナン「・・・特製お子様ランチ、うめぇな。少し量は多いけどな

歩美「うん、美味しいね!特にプリンが美味しい」

元太「ボリューム満点だぜ、いくらでも食べられるぜっ!」

光彦「それって、元太君だけじゃないんですか?」

4人「あはははははははははっ!!」

聚楽大「ふふふ・・・(そうだ、この笑顔が俺の心の支えなんだ!)」

ひよこ売り「・・・さーて、そろそろ、元の世界に戻ろうかな?」

もしも、メ○ロットのひよこ売りが別のアニメ世界に居たら? 少年探偵団編

閲覧注意<マーボ丼による歪んだ偏見による妄想ですので、悪しからず。>

・名探偵コナン1089話の場合

コナンが去った後の帰り道

元太「ったく、コナンの野郎、思い上がりやがって!」

光彦「本当ですよ!その上、怒って帰っちゃうなんて・・・」

歩美「元太君と光彦君も言いすぎだよ?コナン君だって、悪気があって言った訳じゃないし」

元太「んだよ、歩美。お前、コナンの肩持つ気かよ?」

歩美「ち、違うよ。私は・・・」

元太「お前なぁ・・・」

ひよこ売り「待ちな」

3人「えっ?」、「はぁ?」

ひよこ売り「さっき、眼鏡をかけた坊やが怒って歩いてるのを見かけたんだが、君達の友達かい?」

光彦「ええっ、まぁ・・・」

元太「そんなとこだよ」

ひよこ売り「かなり怒った顔してたけど、喧嘩でもした様だねぇ?」

元太「良いだろ、別に!おっさんには関係ねーだろ?」

ひよこ売り「口の悪い坊主だなぁ。それはそうと、仲直りした方が良いと思うぜ?」

元太「良いんだよ、あんな奴。うめぇ駄菓子をバカにする様な思い上がってる奴なんか」

ひよこ売り「まぁまぁ、そんなカリカリすんなって。このひよこでも触って癒やされてみないかい?」

元太「いらねぇよ、ひよこなんて・・・」

ひよこ売り「ぁあ?おい、坊主。「ひよこなんて」とはなんだよ?てめぇ、ひよこのことバカにしてんのか?」

元太「はぁ?別にバカにしてねーよ・・・」

ひよこ売り「調子こいてんじゃねーぞっ!!ガキの癖に思い上がりかと大人振って難しいこと言いやがってっ!!(怒)

歩美、光彦「っ!!」ビクッ

元太「ええっ!?お、俺はそんな、思い上がってなんかねーよ!」

光彦「そ、そうですよ!それに「ガキの癖に」まで言わなくてもいいじゃないですか!」

ひよこ売り「いいや、てめぇらは思い上がりだ!寄って掛かって、自分の意見を正当化しようとしやがって!眼鏡の坊主よりてめぇらの方がよっぽど思い上がりだっ!この身の程知らずのクソガキがっ!!

光彦「そ、そんな・・・酷いっ」ウルウル

元太「そこまで言わなくていいじゃんかよ・・・、意味わかんねーよ・・・」ウルウル

ひよこ売り「・・・お前らが眼鏡の坊主に言ったのはそういうことさ」

元太「えっ?」

ひよこ売り「意味のわからねーことで怒鳴られ、思い上がり扱いされて眼鏡の坊主は意味わかんねーって思ってるんだ。それに子供全員が駄菓子が好きとは限らない。眼鏡の坊主の様な考えを持つ子供もいる。否定されたからって攻撃的に反論するのは間違っている。そんなにその駄菓子が美味しいなら、そいつに食べる気を起こさせる様に勧めればいい。それを頭ごなしに怒鳴られて、頭ごなしに指摘されたら、嫌になっちまう。買いたくもねぇもん勧められて怒鳴られたら、お前らも気分悪ぃだろ?」

元太「悪ぃ、コナン・・・」ウルウル

光彦「・・・コナン君、ごめんなさい・・・」ウルウル

ひよこ売り「・・・『自分がされた嫌なことは、人にはしない』、それが友達付き合いの基本って奴じゃないのかい?」

歩美「元太君、光彦君・・・コナン君に謝ろう?」

ひよこ売り「さぁ、行きな。友達が待ってるぜ?」

元太「・・・分かった、俺、コナンに謝ってくる!」ドカドカ

光彦「はい、僕も!おじさん、ありがとうございました!」サッサッ

歩美「おじさん、ありがとう!」トコトコ

ひよこ売り「・・・頑張れよ、少年達っ!」

翌日・・・

コナン「・・・」

元太「コナン!」

光彦「コナン君!」

歩美「コナン君!」

コナン「んっ?オメェら、どした?」

元太「昨日は悪かった!俺達が間違ってた!・・・すまねぇっ!」ペコッ

光彦「僕も思い上がりとか、寄って掛かっちゃって・・・ごめんなさい!!」ペコッ

歩美「歩美も、ゴメンね!」ペコッ

コナン「オメェら・・・バーロー、んなこともう気にしてねーよ。俺も偉そうなこと言っちまって悪ぃな。あそこのスモモ食ってみたけど、旨かったわ。食わず嫌いだったなぁ、あはは・・・」

元太「コナン・・・!」

光彦「コナン君・・・!」

歩美「コナン君・・・!」

コナン「そんなことより・・・今から特製お子様ランチ、食いに行こうぜ?」

元太「おうっ!」

光彦「はいっ!」

歩美「うんっ!」

ひよこ売り「ふんっ、仲直りできたみてぇだな」

その内、聚楽大さん編書きます。

マーボ丼的恐竜時代キングバトル人気ランキング

閲覧注意<マーボ丼による歪んだ偏見による妄想ですので、悪しからず。>

セガ戦利品41
1位:ティラノサウルス
不動の人気。恐竜の中では誰もティラノを知らない者はいない。

セガ戦利品81
2位:ギガノトサウルス
地味に人気あり。店舗によってはティラノより先に売り切れることも。


セガ戦利品40
3位:プレシオサウルス
コアなファンに人気。可愛い。因みにプレシオは首長竜であり、恐竜ではない。

セガ戦利品83
4位:プテラノドン
ティラノと同等の知名度。因みにプテラは翼竜であり、恐竜ではない。ちょい売れ残り気味。

セガ戦利品82
5位:モササウルス
恐竜時代シリーズの人気者なのに、何故かよく売れ残っている。首は短いが、首長竜に分類されている。

京橋ゲーセン15
ビリ:ケツアルコアトルス
売れ残り数ブッチギリ。名前が覚えづらい。プテラと違って鳥に見える。



完全新作、楽しみにしとりますAMUFANさん。