FC2ブログ

マーボ丼の独り言日誌MK-2

オリジナルLBXをスクラッチして更新していくダンボール戦機ファンブログ。アイマス、ポケモン、その他のジャンルも色々更新。

環境適応型メガメタグロス 考察

こんばんは、残業のありがたみをいまいち理解できないマーボ丼です。
結婚して、お嫁さん出来て、子供が生まれてからじゃないと分かりませんかね?
それはそうと、僕・マーボ丼、USUMのレートに潜る準備を着実に進めております。去年はプレイするも、メダロットクラシックスやスーファミミニ、マリオラビッツ等、新作ゲームのオンパレードだったせいでいまいち進めれていませんでした。最近、アーゴヨンや霊獣ランドを育てているところです。
っでです、っでですよ?ポケモンを始めるに至って、僕のパーティで必要なポケモンは何か?
そう、それは勿論・・・!

改修グロス2
メタグロス!
こいつがいなくては、僕のレート対戦は始まりません。このグロスはサンムーン当時に使っていたジンライではなく、新規で育て直した(ビクトリー)レオです。元ネタはトランスフォーマーVにて、ジンライが転生したビクトリーレオから取りました。
現環境ではサンムーン以前よりもカプ、ミミカスと言ったフェアリーが流行しながも、ミミカスから1位を奪い取ったランド、鬼の様な追い上げを見せたゲッコウガ、期待の毒/龍アーゴヨンが環境に大きな変化が出始めています。そこでサンムーン時代に新規で育てたグロスを現環境に適応すべく調整し直して、技もガラリと代えた新生メガグロスを考察していきたいと思います。

改修グロス1
ASベースのHD調整のメガグロス。性格・陽気、持ち物・メガ石、特性・クリアボディ→硬い爪
努力値振りはHに60、Aに192、Bに20、Dに40、Sに198振りました。

メガシンカ後のステータスはコチラ。

改修グロス3
完全A全振りのジンライと違って、火力はやや落ちますが、耐久に振ったことにより、メガグロスより速いアタッカーの攻撃を耐えきれる様に調整。Hも奇数止めにしてスリップダメージを減らせるようにして、乱数をずらせる様にました。元々、Bは高いのでDにちょい厚めに振ることでコケコやテテフにも強気に出れます。Sはジンライと同じく、メガシンカ後に陽気最速ガブを抜ける様に調整。Aは全振りでなくとも、硬い爪のおかげで実数値246の威力で攻撃できるので、火力面では問題無し。
技構成はアイヘ、冷P、雷P、バレパン。コメパンをアイヘに変更して、思念を外しました。理由としては今の環境ではいかに相手より先に先制して、攻撃を命中させるかが肝となりますので、高火力だが命中不安定のコメパンより、命中安定威力控え目のアイへが有能となります。思念に関しては、命中不安定ってこともありますが、フェアリー環境だけあって格闘が少ない上に撃つ相手が限られますので、それなら雷PでギャラやリザYに対抗できる様に範囲を広げることにしました。
アイヘはメガグロスの肝。フェアリー撃破に遂行する為のメインウエポン。メガシンカにより上がったSと相性が良く、怯みを狙うことができます。主にミミカス、コケコ、テテフにお見舞いします。冷Pは第2のメインウエポンと言ってもいいほどの汎用技。ガブ、マンダ、ランドと言った氷4倍を制圧するのに必須。ランドとマンダに威嚇されても、メガ前ならクリボで透かせますので、威力そのままの冷Pをお見舞いできます。雷Pは限られますが、メガグロスはタイプの都合上、メガリザYやギャラやカグヤに弱いので、雷Pを採用。これである程度は対抗できるようになります。バレパンは襷や頑丈で耐えた相手をシャットアウトするのに使用。ミミカスより速いので、影撃ちを選ばれても先に止めを刺せます。
いいとこばかり解説しても、このメガグロスにもどうしても弱点は存在します。まず一番ネックなのが、メガリザX。鋼、電気半減、氷等倍の奴には対抗策が無い上に最近のメガリザXって鬼火持ちが多いので、火傷で火力削られてニトチャで起点にされる等、非常に動きづらい。またドランやツンデツンデにも対抗技がないのも痛い。
フェアリー環境故に鋼と毒で対抗しようにも、それを倒す優秀な炎、地面がわんさか出没するせいでやはり、無理にグロスだけで対処させるのには限界があります。その辺をしっかりカバーするのが、僕らポケモントレーナーの役目です。
それでは次回もお楽しみに。ではでは。

ポケットモンスター ウルトラサン【色違いの伝説のポケモンがもらえるシリアルコード 配信(2018/3/2-4/9までのご注文が対象)】 - 3DS

新品価格
¥3,740から
(2018/3/22 22:21時点)



スポンサーサイト
ポケモン育成論 | コメント:0 |

オニゴーリで友情を失いかけた件

こんばんは、マーボ丼です。
最近、スーファミとメダロットクラシックスばかり、やってるせいでポケモンに手が付いていません(汗)そんでもって、準伝とかまだ捕まえてないんですよね(笑)
育てておいて、まだアップしてないポケモンがいたんですよねぇ・・・

オニゴーリ2
ポケモン史上最大の戦犯・ムラッ気オニゴーリ。オニゴーリのディーナビです。
*ビーストウォーズネオのデストロンのナビから付けました。見た目は全然違いますが、雰囲気的に付けてみた(笑)
ORASからメガシンカを取得しましたが、環境ではムラッ気による害悪型が主流となっています。
ぶっちゃけた話、友人とバトルしてた時にこいつを使ったせいで、僕は危うく、友情を失うところでした・・・。まぁ、結局、僕が負けちゃいましたけどね(笑)
それでは、そんな戦犯・ムラッ気オニゴーリを考察していきたいと思います。

オニゴーリ1
性格・陽気のHSベースの害悪型。特性・ムラッ気、持ち物・食べ残し。
Hに全振り、Bに30、Dに16、Sに212を振りました。
役割遂行としては、コケコ、ブルル以外のカプに軽業フワライドにカプに合わせたシード(例:テテフならサイコ、レヒレならミスト)を持たせて、軽業を発動させたフワライドで小さくなるを乱発した後にバトンタッチで繋いで、更に相手のペースを引っ掻き回すと言う嵌まれば地獄のオンパレード戦法を得意としています(笑)現環境にはリザ、バシャと言った炎タイプ、グロス、かぐや姫と言った鋼タイプと天敵がやや多いですが、それすらも受け流す性能を誇ります。
技構成もいやらしく、身代わり、どくどく、守る、絶対零度の補助技と一撃技のみ。身代わりと守るは回復ソースとムラッ気狙い。フワライドで回避率を最大まで上げていれば、相手の攻撃はほとんど当たらないので、補助技が効かない身代わりで守られ続けて、どんどん能力をアップしていきます。どくどくは貴重なダメージ減。結構刺さりますが、グロス、かぐや姫、アーゴヨンと言った毒にならない相手には無償降臨を許してしまうので注意が必要。絶対零度はどうしようもない相手に。SMから氷には無効になりましたが、環境にいる氷タイプ何てオニゴーリかマンムーくらいなので、そんなに心配しなくて良し。
えっ、冷Bゲッコウガ?ナニソレオイシイノ?
弱点は見て分かる様にこのオニゴーリの使用には、カプとフワライドが必須となるので、フワライドも害悪型である以上、攻撃面ではカプに依存することになります。重たいポケモンがナットレイでして、ステロでフワライドのHが削られるわ、どくどく効かないわでカプにめざ炎がないと積みます。
カプでコケコとブルルをオススメしない理由としては、コケコのエレキメイカーを敵に利用されて、フワライドが倒されかねないこととブルルのグラスメイカーは相手のポケモンもHを回復させてしまうのでオススメしません。いずれも浮いていないポケモンが対象ですけどね(笑)

以上、久しぶりのポケモン考察でした。いやぁ、ムラッ気オニゴーリって癖はありますが、使ってみるとなかなか面白いポケモンです。ただあまりにも冷酷な性能ですので、フリーやレートではまだしも、友人と対戦する時はちょっと、ねぇ?
危うく、友情を崩壊させかけた奴の経験でした(笑)
それでは次回もお楽しみに。ではでは。

ポケットモンスター ウルトラサン【色違いの伝説のポケモンがもらえるシリアルコード 配信(2018/1/13-3/5までのご注文が対象)】 - 3DS

新品価格
¥3,800から
(2018/1/17 22:36時点)



ポケモン育成論 | コメント:0 |

力尽く珠オーダイル 考察

こんばんは、マーボ丼です。給料日は楽しみであり、支払い日と言う地獄(笑)
ここ最近、ミリシタばかりプレイしているので、何か大切なものを忘れてると思い、考えてみました。
そうです、ポケモン育成を忘れていました。VC金はホウオウ&ルギアGET、チャンピョンを倒し、カントージム制覇はしましたが、レッドまでは出来ていません。奴を攻略するには一筋縄ではいきません(笑)
とりあえず、今日はハートゴールド、VC金で僕の相棒を務めたポケモンを考察したいと思います。
*サンムーン環境で育てた個体でVC金銀からはまだ転送できません。

オーダイル2
オーダイルです。オーダイルのスカルです。
*スカルと言う名前が気になる方は、トランスフォーマーザ☆ヘッドマスターズをググってみて下さい。
水御三家の中で最も物理攻撃に特化したポケモンで金銀御三家の中でも物理面では優秀。ですが、金銀当時は水は全て特殊で扱われていた為、十分に一致技を活かしきれず、切り裂くや地震に頼らざる得ませんでした。ですが、時を経ち、物理特殊に分かれる、竜舞習得、夢特性・力尽く解禁等で強化されつつあるオーダイル。
そんな真心込めて育てたオーダイルを考察していきます。

オーダイル1
陽気最速積みアタッカー。特性・力尽く、持ち物・命の珠。
個体値はC抜け4V、DはU。
努力値はHに40、Aに218、Sに252振りました。

・レベル50時の実数値
H=165、A=152、B=120、C=78くらい?、D=103、S=148

オーダイルは力尽くでタイプ一致物理技をフルに活かせる数少ないポケモン(その他はフレドラを覚えるヒヒダルマと追加効果のある物理技を多く覚えるローブシン程度)で、同時にAとSを補強できるのはオーダイルだけです。水物理だとギャラドスやマリルリの存在がチラつきますが、マリルリは環境で激減してることと、ギャラの物理耐久は威嚇に依存してることから、ある程度のBを持ち竜舞+力尽くで威力を底上げできる点だと、オーダイルの方が上です。
技構成は滝登り、冷P、地震、竜舞。竜舞と滝登りはオーダイルの要。竜舞を積んだ一致補正+力尽く+珠の一撃はBの柔いポケモンは受けきることはできません。特に現環境ではフェアリーが多く採用されているので、滝登りは肝となるでしょう。冷Pは4倍龍やランド、グライオンに。ですが、ランドは威嚇、グライオンはBが硬いので、意識するなら役割破壊として、冷Bに変えても良いでしょう。マンダや今はもういないガブにはこっちの方が刺さります。地震は苦手な電気タイプやグロス、ガルド辺りを意識して入れました。地震には追加効果がないので力尽く補正はかかりません。ただ、水と氷と地面だけで弱点を7つも付けますので、範囲は広いと思います。
弱点としては、S種族値78故に最速にしても竜舞をしない限り、抜けないことが多くコケコには確実に抜かれて、一致補正+エレキフィールド補正の10万で落とされます。また、ナットレイに有効打を持っていないので、どくどくだの、宿り木だの、パワーウィップでなぶり倒されます。対策としては馬鹿力/気合玉を覚えさせるのが一つですが、力尽く+珠があるとは言え、2倍弱点だけ倒される程、ナットレイの耐久は柔ではないので、役割破壊のめざ炎を入れるのが得策かと思います。

以上、オーダイル考察でした。VC金でエースとして活躍してくれているオーダイル。是非、ウルトラサンムーンに転送して見せてあげたいものです!実はオーダイルの種族値ってS以外カメックスの種族値を入れ替えただけですMAJIDE(笑)後、メガニウムもフシギバナの攻撃性能を完全耐久向けに入れ替えただけで、バクフーンに至ってはリザードンと全く同じです。何故、金銀の御三家って種族値の入れ替えが多いのでしょうねぇ?
それでは次回もお楽しみに。ではでは。

ポケットモンスター サン - 3DS 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC壁紙(リーリエ) 配信

新品価格
¥2,930から
(2017/10/18 22:07時点)



ポケモン育成論 | コメント:0 |

軽業シード害悪フワライド 考察

こんばんは、マーボ丼です。セブイレのバイト辞めました。
と言うより、辞めさせられましたね。何かレジ打ちが遅いだの、要領が悪いだの、ウダウダ言われてオーナーから「次のシフトはないと思ってください」と一方的に切られましたわ・・・。もうそのセブイレには二度と行きません(怒り)
そもそも、夜勤の体勢が気に入らなかったんです。夜勤は2人ですが、1人はレジでもう1人は中で仕事をするそうで、要するに慣れ掛けの僕1人任せってことです。これではまるでダメ。完全にマスターするまで付き添うべく先輩がほったらかす何て言語道断です。前職の業務でも新人ほったらかして自分の仕事する先輩もいましたね。教える気あるのですかね?
僕にゃ、コンビニより派遣の方が性に合ってますね(笑)

愚痴はこれくらいにしておいて、気を取り直してポケモン育成論。
最近、レートではZ催眠だの、輝石ポリ2だの、クレセだの、Zイーブイだの、アシストパワーだの、小さくなるだの、害悪パとばっかりマッチングしてしまっています。それは勿論、相手の戦略とは理解こそはしてますが、それで負け続けてレートが下がりまくるとぶっちゃけモチベーションが下がるんッスよねぇ・・・。
駄目だぁ、ショックのあまり怒りのボルテージが・・・!!

あぁーっ、もう怒った!(怒)
お前らが害悪を使うなら、俺も使わせてもらうZ!!


ブチギレた挙句、サンを起動させて、育てたのが・・・

フワライド2
フワライドです。フワライドのアルルです。
*知ってる方が多いでしょうが、知らない方はぷよぷよか魔導物語とググッて下さい。
今回、各シードが登場したことにより、特性・軽業が活かしやすくなったフワライド。レートではこいつにボコボコしてやられました(泣)カプと非常に相性が抜群かつ嫌になってくる害悪フワライドを考察していきます。

フワライド1
性格:臆病、特性:軽業、持ち物:ミストシード(ミストフィールド下で消費してDが1段階アップ)。
努力値振りはBに182、Dに212、Sに116振りました。
性格を臆病にしといて、僅か116しか振らなかったのは、軽業を発動させるのが目的かつフワライドはHが高いものの、BD共にアクジキング並みに低いので、高いHに振らずとも実数値225もあるので、BとDに多めに振ることで硬くなれます。フワライドは弱点が5つある内、岩以外は特殊寄りですので、Dを厚めにミストシードを持たせました。
軽業は道具を無くなった直後にSが2倍になるので、ミストフィールドの状態で出るとシードが消費して、軽業が発動し実数値252で動けるので、これでコケコだろうが、メガプテラだろうが、フェローチェだろうが上から先手を取ることができます。そこから小さくなるで回避率を上げまくって、身代わって相手を翻弄させていきます。ただでさえ耐久お化けのフワライドなのにこれで回避率を上げられまくってほとんど当たらない上に身代わりのせいで体勢を崩すのはほぼ困難となります。ただフワライド自身に火力はない(一応、CはV)ので、バトンでメガグロスなりアロベトンと言った高火力アタッカーへ繋ぎます。アタッカーを攻撃からも補助技からも安全に繰り出せるので相性は最高です。
技構成はご覧の通り、補助技が中心。小さくなる、身代わり、シャドボ、バトンとなります。小さくなるで回避率を2段階上げて、積み重ねていき、身代わりを貼って電磁波、どくどくと言った鈍足耐久型の弱点をシャット。そして、D1段階回避率を上げまくった状態でバトンで安全に後続へ繋ぎます。ただ、軽業で上がったSは受け継げないのでご注意を。

害悪ではありますが、このフワライドにも弱点はあります。それは挑発。挑発を打たれてはシャドボしか打てないし、交換せざる負えないので、せっかく上がったDと軽業が無駄となります。交換読み挑発以外にも、悪戯心を持つエルフ、ヤミカラス、化身ボルト(環境では霊獣がほとんど)に要注意です。他はスカーフコケコには臆病でも控え目でも抜かれるので、普通に先手されて10万で虫の息もしくは、電気Zでドボンもありえます(汗)130族がスカーフ巻くなよ(怒)
他にもレートには全然見かけませんが、ガエンのDDラリアットも脅威です。回避率を無視+抜群を取られるので厄介な相手です。一方でガルドやカミツルギの聖なる剣は透かせるのでGOOD。

フワライド3
現在のレートはこのパーティで潜っています。
グロス、アロベトン、レヒレ以外は変わりまして、コケコの電気技を吸って更にエレキフォールドを利用できるランターン、ミミッキュの一致技を半減無効にできるカエンジシ。そして、ここにフワライドを加入致しました。
ただ、選出画面でバレる気もします(汗)

以上、害悪フワライドでした。フワライドは第四世代のポケモンの中でもなかなか好きでして、エンペルト、レントラー、グライオンに続いて大好きです。やっぱり、強いポケモンより好きなポケモンで戦った方が楽しいですね。これだから、ポケモンは何歳になってもやめられません(笑)
それでは次回もお楽しみに。ではでは。
ポケモン育成論 | コメント:0 |

メガライボルト 考察

こんばんは、マーボ丼です。朝から頭がクラクラして、胃がキリキリしててたので、病院で診てもらったら、軽い熱中症と診断されました。転活に教習にバイト、疲れが溜まってたんでしょうね。秋になって欲しいなぁ。
それはさておき、サンムーンレートの素早さインフラがヒドイデ(汗)
とにかく、レートでは素早さが重要。遅い奴は高火力アタッカーを前に潰されます。

しかし、僕・マーボ丼のパーティは・・・
メタグロス S70→メガメタグロス S110
クワガノン S43
ウインディ S80
アロベトン S50
ルガルガン(夜) S82
カプ・レヒレ S85

最速、中速、鈍足の差が激しい・・・っ!!

一番早い奴がメガシンカすることでエーフィ、ラティ兄妹と同速になるメガグロスのみでそれ以外はやや早めと鈍足に偏り過ぎる!しかも、僕のグロスは、メガシンカして陽気最速ガブを抜けるS実数値170止めにしてますので、いまいち安定感がよくない。
そんなわけで僕も素早さに酔いしれたいと思います。
そのポケモンは・・・

ライボルト1
ライボルトです。ライボルトのストライカです。
*ストライカの名称が気になる方は、トランスフォーマーアニメイテッドとググッて下さい。
インターネット大会「2017 International Challenge May」にて、参加賞としてライボルトナイトが配布されました。ライボルトナイトはライボルトをメガシンカさせる為に必要不可欠なアイテム。XY、ORASで環境にちらほら見かけたり、高速威嚇撒き等、色々な芸当を持つメガライボルト。サンムーンで同じく高速特殊アタッカーでカプ・コケコが登場するも、まだまだ現役で活躍しているメガライボルト。
そんなメガライボルトを僕なりに育成しましたので、紹介したいと思います。

ライボルト2
性格・臆病、特性・避雷針、持ち物・ライボルトナイト。めざ氷個体。
努力値振りはHに46、Cに242、S222振りました。

メガシンカ後のステータスはコチラ

ライボルト3
CとSが飛躍的に上がって、BとDも僅かに上がります。
特性も避雷針から威嚇へ変化します。

素早さ調整として、メガシンカ後に臆病最速コケコを抜ける様に調整しました。コケコのS種族値130に対して、メガライボのS種族値は135と、僅かに5高いので、調整により、メガシンカ後にコケコより先に動くことができます。火力もC95でエレキフィールドがないと大きいダメージを与えられないコケコに対して、メガライボは素でC135もあるので、コケコが貼ったエレキフィールドを逆手に取って、手痛い10万を撃つことができます。ただ、メガシンカ故に火力アップアイテムを持たせられないので、過信は注意したいところ。
メガシンカ前の特性は避雷針がオススメ。これで敢えてメガシンカせず、コケコの10万なりボルチェンをわざと受けて、C1段階上がったところでメガシンカして、先手で10万を撃ち、後続のガブ、ランドにめざ氷をぶち当てる展開もありありでしょう。メガシンカ後の素早さの仕様も今作で変更されたので、メガ前陽気最速ガブを抜ける調整をしなくて済みました。
技構成はボルチェン、10万、めざ氷、オバヒ。ボルチェンは威嚇を撒いた後にヒットアンドアウェイに。サンダース、アロガラ、地面で止まるとか言わないで。素早いので、先攻ボルチェンは覚悟。10万はメインウエポンでメガライボルトの肝。ギャラは勿論、レヒレ、マリルリの水、飛行に撃ちます。めざ氷は貴重なサブウエポン。主にガブ、マンダ、ランドに撃ちます。あくまで4倍狙いですので、地面以外には10万の方が刺さります。オバヒはハッサム、ナットと言った炎4倍に。テテフちゃんのおかげでハッサムは減りましたが、ナットレイが増えてきてますので、この技は必須です。ブルルにも刺さります。
長所ばかり説明していますが、勿論、弱点も存在します。それは地震。どんなにガブやランドより速くても、スカーフを持たれては返り討ちに合います。特にアロガラはネック。こっちの一致技を無効、サブウエポンを半減に押させて来るので強敵です。この様な強敵相手にもどう立ち回るかが重要です。

以上、メガライボルト考察でした。ライボルトは、第三世代ではラグラージとカイオーガに次いで好きなポケモンで、あまり電気タイプが好きじゃない僕が、惚れ込んだ数少ない電気タイプです。

・現在のパーティ
メタグロス ASベース メガ石
グライオン ASベース どくどく珠
ウインディ HASベース 炎Z
アロベトン HADベース 突撃チョッキ
ライボルト CSベース メガ石
カプ・レヒレ HBDベース 食べ残し
ライボ加入に伴い、ガノンを離脱。ルガルガン(夜)もグライオンに変更しました。前のパーティだと、地面に一貫していたのでガノンを抜いた事でレヒレ以外、受けることができないのでグライオンを採用しました。グライオン、地味に好きなんですよね。
それでは次回もお楽しみに。ではでは。
ポケモン育成論 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>